ユニ・チャーム メンリッケUni-Charm Mölnlycke

MESSAGE

コンチネンスケアを通じて
豊かな日本の未来を
一緒につくっていきませんか。

代表取締役社長 森田 徹

超高齢社会と共に、
介護の質が問われる
時代がやってくる。

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の約5人に1人が75歳以上という世界でも類を見ない超高齢社会になることが予想されています。このような「2025年問題」を目前に、日本の高齢者ケアのあり方もあらためて見直される必要があります。これまでのような画一的なケアから、ケアされる側を中心とした医療・介護への移行が起こり、より質の高いケアが求められるのは明らかです。その時に本当の意味での介護の質が問われる社会がやってくるのではないでしょうか。時代の要望に応えられるだけの介護サービスの質、そしてそれを提供できるプロフェッショナル人材の育成、未来に向けた介護のあり方が問われていると考えます。

人間の在り方に向き合うことは、
社内外問わず、
人間成長の
機会を生み出しつづけること。

私たちは、医療・介護を直接行うことはできませんが、コンチネンスケア※を通じて社内外を問わず、医療・介護に関わる人材育成には貢献することができます。人間の尊厳と向き合い自ら考えるケアの実践は、人間の成長や可能性を、信じて本気で追求していくことでもあります。私たちは、顧客にとって商品やサービスを提供するだけの存在ではなく、お互いの人材を育て、ありたい姿を実現する真の変革パートナーにならなければいけません。“誰でも・いつでも・どこでも、その人にとって最適な排泄ケアが受けられる社会″は、私たちだけでは実現できません。共通の志と目標を持てるお客様と共に、既成概念や慣習にとらわれることなく、新しい社会的価値を生み出していくことで、「豊かな社会づくりに貢献できる企業」になりたいと強く願い、社員全員で日々研鑽に励んでいきます。

※コンチネンスケアは、失禁を疾患として正しく予防・治療・ケアすること